スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.02.16(月)

都市伝説・怪談_一般教養

0216-01.jpg
パンキョーです。都市伝説・怪談好き一年生の必修単位です。




【1】ベッドの下に男が
【2】電気をつけなくてよかったな
【3】電話は2階からです
【4】ようこそ
【5】膝の裏からフジツボが
【6】今度は落とさないでね
【7】歩行者専用の標識は…
【8】壁一面に「おかあさん」or「おとうさん」
【9】テレビの砂嵐に
【10】犯人は・・・
【11】マイナスドライバー
【12】猿夢
【13】くねくね
【14】ヒサルキ



【1】ベッドの下に男が
-----------------------------------------------
41 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2000/08/03(木) 02:03
聞いたことあるとおもうけど、

ある女子大生2人(A子とB子)がコンパして4人で飲んでて、
その後男とは別れて、家へ帰ろうとしたんだけど、
よっぱらってたからB子はA子のアパートに泊まることになって一緒に帰った。
A子の部屋についてB子がベッドのところに座った。
B子は思い出したかのようにA子に、
「買い物あるからコンビニ行こうよ」って誘った。
A子は行かないと言っていたが、あまりにもB子が誘うので行くことにした。
鍵を閉めて外に出たところでB子は警察に連絡をした。
なんとA子の部屋のベッドの下の隙間にナタを持った男がいた。
 B子は窓ガラス越しに男がいることに気づき、そこで声を出したならきっと殺されるという
考えから、機転をきかせてコンビニに行こうと誘った。
 その男は近くにある精神病院から抜け出してきた患者だったらしい。

ってやつ。本当にあった話らしいけど、どうなんだろうかね。いまいちうそっぽい気もする。
-----------------------------------------------

メチャガイシュツ。海外から輸入されてきた系の都市伝説。
「本当にあった」「実話」と言いながら「らしい」「友達の友達から聞いた」で〆るのは常套手段ですね。
この話を聞くとジョジョ4部を思い出しちゃう人は結構多い。


【2】電気をつけなくてよかったな
-----------------------------------------------
596 名前:87 投稿日:01/10/13 16:35
これは私が小学生のころ友達から聞いた話なんですけど・・・
今のうちに言っとくけど
ホントに日本語力低いのでごめんなさい・・・


_________________________

ある女性が大学の寮に入っていました。

ある日、パーティーの帰りで、帰ってくるのが遅れた彼女は、
次の日テストがあるので勉強しなきゃと思いながら部屋に戻ってきました。
しかし、時間も遅いので部屋の電気が消えています。
「ルームメイトがもう寝ちゃったんだな、明かりつけて起こすのも悪いからもう寝ちゃおう」
と思いながら、彼女はベッドに入り、そのまま寝てしまいました。

597 名前:87 投稿日:01/10/13 16:48
朝になり、彼女は目を覚ましました。
「なんだろこの変な匂い・・・」
横のベッドに寝ているルームメイトに話し掛けようとして、彼女は悲鳴をあげました。
ルームメイトは無残な姿になって死んでいるのです。
ナイフで何回か刺されたようです。ベッドが血まみれ・・・・

悲鳴を聞き、他の人達が部屋にかけてきました。
「どうしたの?」
「何この匂い!?」
「今の悲鳴は何!?」
「きゃあああああああっ!!!!何コレ!!!!!!!」
「死んでる!!??」


混乱の中、一人の女の子が震えた声で壁を指差します。
「・・・何それ・・・」

壁にくっきりと血で書いてあるんです。

「電気をつけなくてよかったね・・・」

と。
-----------------------------------------------


【3】電話は2階からです
-----------------------------------------------
62 名前:懐かしいもの発見! 投稿日:2000/09/22(金) 04:46
ある女性が気味の悪い無言電話に悩まされていました。
「もしもし?」
「………」
「もしもし?」
「………」
いつもはここで恐くなって電話を切ってしまうところでしたが、我慢できなくなって、彼女は叫びました。
「いい加減にしてよね!」
すると受話器のむこうから、押し殺したような声が聞こえたのです。相手が喋ったのはこれが初めてでした。
「…殺してやる…」
さすがに恐くなって身の危険を感じた彼女は、だめでもともとと警察に相談してみました。
ところが最近は、そういったストーカーの犯罪が深刻化しているためか警察は詳しく話を聞いた上で彼女の電話に逆探知機を設置して捜査を行ってくれることになったのです。

次の日もやはり、無言電話はかかってきました。慎重に受話器を取り上げ、耳に押し当てる女性。
「もしもし?」
「…殺してやる…」
昨晩のあの声でした。そのときです。彼女の携帯電話が鳴りました。警察からです。
「すぐに部屋から出なさい!」
「は?」
「逆探知の結果、電話はあなたの家の中からかかっています。犯人はあなたの家の2階にいるんですよ!」


・・・う~ん、なつかし~(爆)
-----------------------------------------------

電気を~も電話は~も、ベッドの下の類話ですね。
順番はわかりませんが。


【4】ようこそ
-----------------------------------------------
710 名前:あなたのうしろに名無しさんが… 投稿日:2001/01/11(木) 18:47
友人の話です。

友人はある日、軽い気持ちで声をかけた女の子とホテルに行きました。
Hし終わって疲れた友人は、女の人に腕枕をして眠り込んでしまったそうです。
目覚めてみると、女の人はもう部屋の中にいませんでした。
不審に思った友人がふと洗面台の鏡を見ると、鏡には赤い口紅でこう書きなぐって
あったそうです。

「Welcome to AID'S world!!」

友人は半泣きで検査に行ったそうです。
-----------------------------------------------

これなんかも見るからにアメリカ原産な話ですが、「友人」の実体験として語られているのが面白いですね。
しかしこの話は笑えないけど、教えてくれるだけいいじゃない、とも思う。



【5】膝の裏からフジツボが
-----------------------------------------------
143 名前:ひざの中には・・・ 投稿日:02/03/28 20:12
担任から聞いた実話2
 アリス式海岸にいったAさんは岩場で転んでしまった、傷は浅かったので
 すぐに治りAさんもこの事を忘れていた、その数週間後Aさんはひざに
 ものすごい痛みを覚え病院に検査に行った、レントゲン写真を見たAさん
 は驚いたちょうどひざのあたりに何かが大量に付着しているのである、よく見ると
 それはフジツボだった、リアス式海岸で転んだ際に傷口からフジツボの卵が
 Aさんのひざの中に入り、サラに付着していたのである。

144 名前:2 投稿日:02/03/28 20:13
>>143リアス式では?
-----------------------------------------------

ツwwwッwwコwwwwwミwwww
かなり昔から有名ですよね。デマであるということとセットで。



【6】今度は落とさないでね
-----------------------------------------------
316 名前:あっこっこ 投稿日:2000/08/17(木) 03:06
友達から聞いた話で、結構ぞくっとしたのを一つ。

ある若いカップルに子供ができてしまい、
おろそうかどうしようか悩んだあげく、産むことにした。
しかし、まだ若い二人は育てることも出来ず、
相談した結果、その子を殺すことにした・・・。
二人は夜中に湖に行き、おいてあるボートに乗って
真ん中あたりまで漕いで行った。
彼女は何度も「ごめんね、ごめんね。」
と言いながら赤ん坊を湖にポチャンっと落とした。
それから何年かして、そのカップルはようやく
結婚することになった。
そして二人の間に女の子が産まれ、幸せに暮らしていた。
その女の子が4歳くらいになったある日、その子が
突然湖に行きたいと言い出した。
父親は気が進まなかったが、あまりにしつこく言うので
仕方なく親子3人で出かけることに。
湖につくと今度は「パパ、あれ乗りたい。」
とボートの方を指さして言う。
しつこくねだられ、しぶしぶボートを借りて
湖の真ん中あたりに来たところで、女の子が
「パパ、おしっこしたい。」と言い出したので、
仕方がないと思い、周りに誰もいないのを確認して
湖にさせようと娘をだっこした。
ちょうど両足を持って、二人が同じ方向を向いていると
娘がくるっと振りかえり、「今度は落とさないでね。」
と言った・・・・・。
-----------------------------------------------

子供は時として非常に不気味な存在。
前世とか産道を通った記憶を持ってたりとか、大人より霊感が強いとかいいますしね。



【7】歩行者専用の標識は…
-----------------------------------------------
533 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/05/02 10:57
昭和の30年代のこと。横断歩道の標識を新しく作ることになりその
デザインのもととなるものを、政府が一般 に公募したことがあった
そうです。横断歩道のイメージに合った写真やイラストの応募が、
全国から集まりました。その中から、九州に住むカメラマンAさんの
写 真が見事採用されました。そしてその写真をもとにして作られたのが、
親子が仲良く手をつないで歩く風景を表した標識。今わたしたちが普段目
にしている横断歩道の標識です。ところが、Aさんのカメラは仲のよい
親子どころか、とんでもないものを写 してしまっていたのでした。
標識の絵柄を募集していると聞いて、早速Aさんは愛用のカメラをもって
町に出ました。横断歩道にぴったりな被写 体を探すうち、公園で父親に手
をひかれて歩く女の子に目がとまりました。「これだ!」Aさんは迷わず
シャッターを切りました。仲のよい親子の自然な表情が撮れたことにとても
満足していました。
写真を送付してから何日か後、テレビでは誘拐殺人のニュースを報道していて
、幼女を誘拐した犯人の顔がアップで写 し出されていました。それを見ていて
Aさんは妙な感覚に襲われました。知らないはずの犯人の顔を知っている…。
どうしてだろう。どこかで見たんだ…。それもそのはずでした。Aさんはつい先日、
その男をモデルに写 真を撮っていたのですから。Aさんが父親だと思ったのは誘拐犯、
娘だと思ったのは彼に誘拐された少女だったのです。可哀相なことに女の子はもう生きて
はいませんでした。そして彼女が殺害されたのは、皮肉にもAさんが彼女の写 真を撮った
次の日だったということです。



横断歩道の標識、いちどじっくり観察してみてください。
手をひかれている女の子が、いやがっているようには見えませんか?
-----------------------------------------------

これもデマであるということとともに有名。(過去に公募されたという事実はない)
一応解答となるものを引用しておきます。

交通標識の怪
http://blogs.yahoo.co.jp/to7002/10178268.html

調べた所、この標識は、昭和46年11月30日の法改正で採用されたデザインで、元々は「国連標識」として国連が作ったものです。「国連標識」というのは、各国でバラバラの交通標識を統一し、外国人でも安全に走行できる様にしようとする物で、日本も早くに条約を批准しましたが、実際にはなかなか実用されなかったそうです。この標識の原型は、当時の西ドイツの交通標識で、殆どそのままのデザインが採用されました。
ところが、そのご本家であるドイツでは、時の大統領ハイネマンが「この標識は、誘拐犯に見える」とコメントした為、女性が子供の手を引くデザインに変更されました。
(どうでもいいですけど、女性の誘拐犯もいると思うんですが…。)

―と言う訳で。
恐らく、日本でこの標識が採用された時に、ハイネマン大統領の逸話がベースになって、上記の様な都市伝説が発生したのではないかと思います。





【8】壁一面に「おかあさん」or「おとうさん」
-----------------------------------------------
235 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2000/08/11(金) 05:38
不動産屋で働く友人から聞いた話。

その友人が担当するマンションの空室に
一部屋だけ他と雰囲気の違う部屋があった。
その部屋に入ると、いつもなにか違和感を感じていたのだが、
ある日その部屋の廊下が、他の部屋より1m位短いことに気づいた。
他の部屋よりも短い廊下が、いつもこの部屋で感じる違和感の原因なのかと
友人は思ったそうだ。
しかし、なぜ短いのだろうかと思い、廊下の突き当たりの壁を叩いてみると
どうやら本来の壁と、今叩いている壁との間に空間があるようだった。
イヤな予感がした友人は支店長の許可をもらい管理人と一緒にその壁を壊してみた。

友人:「白骨死体でも出てきた方がスッキリしたんだけどさ。」


でも実際は、その空間の壁一面にびっしりと赤いクレヨンで
"お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん・・・・”
と書かれていた…そうだ。

            ―――終了―――
結局その"お母さん”は消さずに壊した壁を元に戻し友人はそのマンションの
担当を後輩に譲ったんだって。
-----------------------------------------------

見なかったことにして後輩に引き継ぐって何気に酷いw


【9】テレビの砂嵐に
-----------------------------------------------
364 名前: 投稿日:2001/06/02(土) 00:41
オカ板でいちばん奇妙に恐かった話。外出だったらスマソ…。

------

5年くらい前夜中の2時30分頃テレビをつけたら
カラーバーが映っていて(あたりまえですが)
ああ、やっぱりこの時間は放送やってないな、寝ようと
ふと思ったその時急に画面が切り替わって
ゴミ処理場が映し出されました。そしてテロップに
NNN臨時放送と出てひたすら処理場を遠景で映し続けるのです。
なんなのだろうと思って様子をうかがっていると
人の名前がスタッフロールのようにせり上がってきて
ナレーター?が抑揚のない声でそれを読み上げていきました。
バックには暗い感じのクラシックが流れ
だいたいそれが5分くらい続いたでしょうか、最後に
「明日の犠牲者はこの方々です、おやすみなさい。」と。
それ以来深夜放送が怖くてたまりません。
周りは誰もこの話を信じてくれないし…
-----------------------------------------------

こちらも類話多いです。「本日無くなった方は以上です」のバージョンだとか、局がNHKだとか。
なんか時代を感じる都市伝説ですよね。
最近の子供は夜中でもサッカー中継とかBSとか普通に見てるから、夜中のTVの砂嵐に特別な感慨が無い場合が多いのでは?



【10】犯人は・・・
-----------------------------------------------
ある日、仕事から疲れて帰ってきて自宅マンションのエレベーターに乗ると、帽子を深くかぶった男が乗っていた。顔は見えない。
気味が悪かったが一応「こんばんは」とあいさつするも、無視。

途中の階で男が降りる際、体がぶつかった。
「すいません」と謝るが、これまた無視。
「変な男・・・」と思いながら部屋に入ってあることに気がついた。

さっき男が当たった所に血がついてる・・・


それから数日後、部屋に警官が来た。
「数日前にこのマンションで殺人事件があったのですが、不審な人物を見かけませんでしたか?」
と尋ねる警官。
すぐに数日前のあの男のことを思い出すが、仕事で疲れていたことや「実は・・」と話をすると事情聴取などがうっとうしいので
「知りません」
と答えた。
警官は「そうですか」と立ち去った。

次の日テレビをつけていたら、そのマンションでの殺人事件のニュースをやっていた。
「あ、やっぱり殺人があったんだ」と見ていると、どうやら犯人は捕まった模様。
テレビに映し出された犯人の顔を見て彼女は凍りついた。

犯人の顔は、昨日来た警官だった・・・

あのときもし、ドアを開けていたら…。  (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
-----------------------------------------------

室井滋の怖い話・ダウンタウン松本が今田から聞いた話としてTVで紹介され有名。
あのとき電気をつけていたら・・・とかベッドの下に・・・とかに近い話ですね。



【11】マイナスドライバー
-----------------------------------------------
そんなに怖くないのですがきいてください
私がまだ4~5歳の頃の話です。
当時家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。
まだ小さかったので母と女湯に入っていました。
或る日のこと、身体を洗った後飽きてしまった私は、湯船の
中でプールよろしく遊んでいました。
今迄気付かなかったのですが、湯船の横から階段状になりドア
が付いているんですね(何処もそうなのかも知れません)
私はふとそのドアが気になって段々を昇りドアの前まで行った。
ドアノブの直下に大きな鍵穴があるのです。
ワクワクして覗きました。・・・・・向こう側は何かに覆われて見えない。
なんだ、ツマらない。いったん顔をあげました。
何を思ったかもう一度鍵穴を覗き込んだのです。
ぼんやりとした明かりの中、ボイラーとおぼしき器械が見えました
おわースゴい。夢中になって覗いていました。
ドアの向こうの気配、それとも何かが知らせてくれたのか
突然、私は目を離し身を引いたのです。
そして次の瞬間、鍵穴からはマイナスドライバーの先端が狂ったように
乱舞していました。・・・・・・
私は息を呑みそこを離れ、コワくて母親にさえ話すことが出来ませんでした。
-----------------------------------------------


【12】猿夢
-----------------------------------------------
9 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2000/08/02(水) 07:03
私は、夢をみていました。昔から私は夢をみている時に、たまに自分は今、夢を
みているんだと自覚する事がありました。この時もそうです。何故か私は薄暗い
無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。
すると急に駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。 それは
「 まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~」

(長文。続きはこちら) 読んだ人に禍いが降りかかる系なので、そういうのが気になる性格の人は回避推奨。
http://syarecowa.moo.jp/1/009.htm
http://syarecowa.moo.jp/36/076.htm(続編)
-----------------------------------------------



【13】くねくね
-----------------------------------------------
756 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/29 18:56
別サイトに掲載されてて、このスレの投票所でも結構人気のある
「分からないほうがいい」って話あるじゃないですか。
その話、自分が子供の頃体験した事と、恐ろしく似てたんです。
それで、体験した事自体は全然怖くないのですが、その
「分からないほうがいい」と重ね合わせると、凄い怖かったので、
その体験話を元に「分からないほうがいい」と混ぜて
詳しく書いてみたんですが、載せてもいいでしょうか?

(長文。続きはこちら)
http://syarecowa.moo.jp/31/756.htm
-----------------------------------------------

マイナスドライバー、猿夢、くねくねは怪談を漁っていればかならずぶちあたる、基本エピ。
マイナスドライバーは、たまにコピペギャグすら見られる。
猿夢はガチ怖です・・未読の人はがんばれ



【14】ヒサルキ
-----------------------------------------------
85 名前:長いなゴメン1/4 投稿日:03/02/19 14:00
洒落にならない話なんだけど、怖いかな?
あんま自信ないけど、俺、このことで警察にも呼ばれたから、
まぁ洒落になってねーなってことで。

昔、まだ学生だった頃、サークルの仲間と旅行に行った。
メンバーのほとんどが貧乏学生だったんで、
友達に聞いた、安い民宿で泊まることにした。
民宿のすぐ隣に、古そうな小屋みたいな家みたいな建物が建っていた。
ボロいんだけど、妙にでかい。
その建物を見て、メンバーの中の霊感強めの女の子が震えだした。
「2階がヤバイ。」「こっちを見てる。」みたいなことを言って、
「こんなところには泊まれない。」って、帰ってしまった。

(長いです。続きはこちら)
小屋の2階 http://syarecowa.moo.jp/28/185.htm
明晰夢スレの証言 http://syarecowa.moo.jp/49/394_2.htm
ヒサルキの謎 http://syarecowa.moo.jp/49/394.htm
園児の噂 http://syarecowa.moo.jp/27/114.htm
-----------------------------------------------

作り話だとしたら違う板に別々の証言を投下する手法がすげーと思う。




【参考文献】
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?
http://syarecowa.moo.jp/top.html
スポンサーサイト
│posted at 00:00:00│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 
プロフィール

サコツ

Author:サコツ
のんびりやります。

 
Counter

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。