スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.02.09(月)

【映画】ナイト・オブ・ザ・リビングデッド

0129-01.jpg
大好きな映画のレビュー。
これを知らずしてゾンビを語るなかれって奴ですね。



1964年 96分 アメリカ
監督 ジョージ・A・ロメロ


【あらすじ】

wikiより


母の墓参りの途中、バーバラと兄のジョニーはゾンビに襲われた。妹を守るため兄は死ぬ。恐怖と悲しみの中バーバラは近くの民家に立てこもる。
民家には黒人青年のベンのほか、若いカップル、中年夫婦と大怪我を負ったその娘が集まってくるが、外部との連絡が取れない中、周囲は生ける屍の群れに取り囲まれていた。バーバラたちはテレビを通して、甦った死者たちが人間を襲って食い殺していることを知り、なんとか脱出しようと試みるが……。




【総評】

スプラッタ   ★★☆☆☆
人間嫌悪   ★★★★★
あうあうあー ★★★★☆

ゾンビといえばこの人!ロメロ監督の「ゾンビ」三部作の第一作目。
本作はゾンビをブードゥー教のイメージから切り離し、その後の映画界のゾンビの定義を大きく塗り替えることとなりました。


【見どころ】


主要キャラクター

バーバラ:
墓参りにきたところゾンビに遭遇。一緒に居た兄ジョニーに助けられるもジョニーはそのまま襲われて死亡。その後民家に逃げ込む。基本的にか弱くて役立たず。

ベン:
ホラーに一人は居る冷静な黒人。
民家に一足先に逃げ込んでいた黒人。錯乱するバーバラを保護しトムたちと結束して脱出を試みるなど、比較的まともな人。主人公補正がかかっており、手際よくゾンビをぶち殺し窓に目張りをしていく。勇気と行動力を持ち合わせているが、それゆえ保守派のクーパーさんと対立。

ハリー(クーパーさん):
ホラーに一人は居る保守派の嫌な人。
民家の地下室に隠れており、後からきたバーバラの悲鳴を聞いたときも見殺しにしようとした。その後も保身により裏切り行為多発。キレたベンにフルボッコにされる。

ヘレン:
クーパー嫁。ゾンビに襲われ怪我をした娘のことをとても心配している。旦那ほど頑固じゃない。

トムとジュディ:
地元のカポー。周辺地理に詳しい。クーパーさんと地下に隠れていたが、ベンたちと合流後は協力的に。


★「本当に怖いのは人間」
ロメロ作品の大きな特徴ですね。バカ映画が多いスプラッタホラー界で、テーマを匂わす作品となっております。(バカ映画も大好きですけどね)
残虐シーンは実はそんなに多くなく、保守派の小者クーパーさんと勇敢な仕切り厨ベンの対立の方が強く描かれています。また、ラストで登場したゾンビ狩り自警団の連中が、元人間だったゾンビたちを、まるでゲームのように撃ち殺してもてあそんでいる様子も描写されています。

ロメロ御大が言いたいのは、「バケモノよりも人間の方がこえーよ」ってこと。


★ホラー映画の黒人は冷静。あと、一人は味方に嫌な人がいる。
この手の今では当たり前の流れのさきがけにもなってるんじゃないかなぁ。

★集団の恐怖
ゾンビは一匹ならベンにも簡単に倒せるくらい弱い・知能が低いのに、後半は大勢で民家を取り囲むゾンビたちになす術もなし・・・。超恐ろしいバケモノって訳じゃなく、幼稚でか弱いバケモノが集団で押し寄せるという所に、じわじわくる怖さがありますね。

因みにフラフラした動きや、一匹はチョロいが家を集団で取り囲みゆっくり襲っていくという特徴は、64年の映画「地球最後の男」の吸血鬼たちから来ているらしいです。


【結末】

脱出のため車に給油を試みて失敗→車爆発でトムとジュディが死亡。
クーパー夫妻はゾンビ化した娘に襲われて死亡。
バーバラは家に押し寄せたゾンビ集団に兄が居るのを発見。襲われて死亡。
最終的にベンは地下室にこもり、朝まで耐え切った!

…と思ったらゾンビと間違われて自警団に撃ち殺されまちた。全滅エンドです。
スタッフロールの背景はベンの死体が運ばれて焼却される様。中学生の頃初めてこの映画を観てこのシーンがトラウマになりました。
(ドラッグにて表示)


私は観終わったあと鬱になるような、後味の暗い映画が大好きなんですが、視聴後に恐怖を残すロメロ作品は素晴らしいと思います。
三部作はどれも人気ですが、私は想像力をかきたてられる白黒の今作が一番怖く感じて、お気に入りです。



【補足・小ネタ】
・ニューヨーク近代美術館(MOMA)にフィルムが保管されている。由緒正しい名作。
・著作権の無い状態。パブリックドメインである。よって、複製等をネット上にアップしても怒られない。
・グロ描写が少ないことについては、当時の映像規制が激しかったことも影響。
・厭世感に満ち溢れているのも60年代の特徴らしい。ヒッピーやラブ&ピースに代表されるような60年代の風潮の裏に、こうした風潮もあったのだとか。
・人間が人間(ゾンビ)をオモチャのように撃ち殺したり、ベン(黒人)は人間にトドメを刺されるという描写は、60年代当時のベトナム戦争の影響を強く受けたシナリオである。との見方も。調べてみるとおもすれー。

--------------------------------------------
【参考ソース】

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド~缶詰の映画
http://www.h7.dion.ne.jp/~eiga-kan/Night_of_The_Living_Dead.htm

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89
スポンサーサイト
│posted at 00:00:00│ コメント 1件トラックバック 0件
≫コメント 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-││posted at 2013-10-04(Fri)16:33│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 
プロフィール

サコツ

Author:サコツ
のんびりやります。

 
Counter

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。